自動車保険 相場

通販型は「産地直送」のようなもの

まずはこれをご覧ください。
同じ加入条件なのに、最大4万7,430円、2倍以上の保険料の差が出ています。

初めてこれをみる方だと、
「こんなにも違いが大きいのか」と驚いてしまうかもしれません。

  ◇自動車保険の保険料比較の例◇

         AIU        88,900円(代理店型)    そんぽ24   61,130円(通販型)
        東京海上日動  77,480円(代理店型)    チューリッヒ  57,210円(通販型)
        日本興亜損保  74,480円(代理店型)    SBI損保    41,470円(通販型)

 【条件】
30代ファミリー 対人:無制限 対物:無制限 搭乗者傷害:1千万円 人身障害:3千万円 (運転者(年齢))本人(34歳男性)・配偶者(33歳女性) (車種・型式)日産・セレナ C25(初度登録年月:平成19年8月) (年間走行距離) 15,000km (等級)16等級 (地域)静岡 (年齢条件)満30歳以上補償 (使用目的)通勤・通学 (免許証の色)ブルー (特約)夫婦限定 (付属装置)ABS・エアバッグ・低公害車 (車両保険)あり(一般)・免ゼロ特約あり

■保険料の違いの原因は中間コストの差

通販型の方は顧客と直接契約を行うので、代理店、支店などの中間経費がスッパリと省略されています。
(※中でも代理店の手数料は保険料の15〜20%と言われています。)

直接契約の自動車保険は産地直送や工場直送のようなもので、安くなるのがあたりまえです。
代理店型と通販型の保険料の違いは品質とは関係のないことなのです。

■「安い保険=不安な保険」のデマにだまされるな!

「安い通販型はいざという時に不安」などという事実と違う説明は、もう通用しなくなりました。
各種調査で満足度の上位を占める割合は、むしろ通販型各社の方が圧倒的に大きくなっています。

2009年6月、東京海上ホールディングス85%出資のイーデザイン損保が営業を開始しました。
代理店型最大手でトップシェアを誇る東京海上グループでさえ遂に通販型に参入したわけですが、このことが直接契約の合理性を何よりも雄弁に物語っています。

■ポイントを知れば安い自動車保険を安心して選べる

代理店型と通販型は今やコストパフォーマンスの競争になっています。
このような正しいポイントが分かれば、安い自動車保険を安心して選ぶことができるでしょう。

一括見積もりの入力は難しくありません

自動車保険を扱う損保会社が20社を超え、今や自動車保険選びに欠かせなくなった一括見積もり。
その利用方法はとても簡単です。

保険証券 免許証 車検証 を手もとに準備します。

案内に沿って入力を行い、5分から10分程度、長くても15分ほどで入力を終えることができます。

入力が間違ってもどこが間違ったかがわかりやすく戸惑うこともなく進めるので、思ったより短時間に入力を完了できます。

◎入力の流れ

@「車のメーカー」をクリックしてスタート
A車検証を見て「車名」「形式」を選択
B保険証券から現在の自動車保険情報、契約者の名前・住所を入力
C希望する補償内容を入力
D入力内容を確認して完了

通常翌日には各社の見積もり・概算がメールで届きます。

加入条件や補償内容を変更したい場合は、事前に変更内容を決めておきましょう。
たった1社分の入力で複数社に見積もり依頼が行われるのが一括見積の最大のメリットです。

一括見積もり利用者の体験談

任意保険を扱う保険会社は現在24社(2010年10月)。
相場が1社や2社の比較ではわからなくなった原因は2つあります。

・通販型の登場により各社の価格差が一気に広がったこと。
・各社のリスク細分方法の違いで同条件でも差が出るようになったこと。

経験者のおすすめが誰にでも最適・最安になるとは限らなくなりました。
今では軽自動車の任意保険の相場を知るには一括見積もりが欠かせなくなったと言えるでしょう。

・便利なのはわかったが入力がむずかしくないだろうか?
・後で電話勧誘などがあるんじゃないだろうか?
・補償内容の比較は大丈夫なのだろうか?

そんな時、まずは一括見積もりの利用者の体験談をご覧ください。

利用者の声はこちら こちら 一括見積もり 利用体験談

<参考>
愛車を売る時は自動車買取の相場が気になるものです。
一括査定なら買取り査定の相場も簡単に知ることができます。

もっとリーズナブルに…加入条件のチェックポイント

時間が取れるなら、加入条件のチェックにより更に払い過ぎを防ぐことができます。

■「家族限定」にできないか

  家族の利用がほとんど家族限定割引にする

■最若年の運転者の年齢

  <例>年下の妻が30歳を超えた年齢条件を30歳以上にする

■車両保険のタイプ、免責金額

  フルカバータイプ「エコノミー+A」や「エコノミー」に切り替え
  免責金額 0−0円5-10万円(自己負担一回目5万円、2回目以降10万円)に切り替え

  ※年式が経って車両価格が低い場合は車両保険を省くことも選択肢になります。

■対物賠償の限度額

  無制限限度額を5千万円、3千万円などに切り替え

  ※排気量が小さく軽い車体の場合、「対物無制限」はオーバースペックかも知れません。

このほか、免許証の色、安全装置の有無、年間走行距離、インターネット加入割引などの節約ポイントがありますが、これらは一括見積もりによってあなたの条件が見積額に反映されます。

車買取の相場が無料査定でわかる

自動車保険の相場  安いのを選ぶのに何の問題もないメニュー